カナガンキャットフードの給餌量について 量とポイント

カナガンキャットフードを与える量

カナガンキャットフードは良質な原材料を使った穀物を一切使っていないグレインフリーのキャットフードです。

 

一粒一粒に栄養の詰まったカナガンキャットフードを猫の身体に合わせて上手にあげたいですね。

 

こちらがカナガンキャットフードの給餌量の一覧になります。

 

カナガンキャットフード与える量

 

人間でも同じですが、体重が同じだから食べる量や代謝も同じにはなりませんね。

 

猫も同じです。

 

給餌量は目安として考え実際の猫の体調や体質を観察しながら与える量を調整してください。

 

とてもよく動く猫と全く動くのが嫌いな猫もいますね。

 

年齢や体調によっても便の調子をみながら与えるを決めるといいですね。

 

カナガンキャットフードはとても食いつきがよいと評判のキャットフードです。

 

本来は低カロリーなキャットフードですが欲しがるだけ与えたら必ず太りますので給餌量を基準に与えすぎないように注意が必要です。

 

\カナガンキャットフードが最安値&安心品質/

カナガンキャットフードを公式通販で購入

※単品で安く買う裏ワザはこちら※

 

子猫の場合

離乳しカナガンキャットフードに移ったばかりの子猫にはぬるま湯でふやかしてあげてください。

 

徐々にふやかす時間を短くして最終的にはドライにするようにしてください。

 

ふやかす場合は必ずぬるま湯にしてください。

 

水でもいいのですが柔らかくなるまで時間がかかります。

 

熱湯は使わないように注意しましょう。

 

せっかくの栄養素が熱湯により壊れてしまいます。

 

他のフードから切り替える時は

はじめてカナガンキャットフードに切り替える時にも切り替えかたにポイントがあります。

 

これはどのフードのときにも同じですがいきなり全てを切り替えないように注意してください。

 

今まで食べていたフードに少しづつ混ぜ体調に変化がないか、体質に合っているかを確認しながら混ぜる量を増やしていきます。
慎重派の猫ちゃんには2週間くらいかけて切り替えてあげると上手に切り替えができます。

 

あまり警戒しない子でしたら1週間くらいを目安に切り替えてあげてください。
全てをカナガンキャットフードに切り替わったらしばらく体調や便の変化に注意してあげてください。

 

カナガンキャットフードには人工の添加物が一切入っていないため便を固める添加物に慣れた腸内を自然なフードに慣らすためには少しづつようすをみてください。

 

猫の体重だけではなく飼い主さんが実際に愛猫のようすをみながら与えてあげることが大切です。